So-net無料ブログ作成

180元をすべて寄付

ホームレスの男性、7年のたくわえを地震被災者に寄付






ホームレス生活者に対するイメージは、

人生に夢破れ、人間として生きていく活力を

著しく失った人間であると思っていました。



そこに行き着く過程・事情は様々ですが、

自分が生きるだけで精一杯の人達であると。



しかし、その認識を大きく変えなければいけません。





中国で起きた四川大地震。

万以上の数値を正確に表記したくない程、

恐ろしいまでの人数が被災者となっています。



もちろん、中国政府単体で処理しきれる事態ではなく、

日本を含めた海外援助を盛んに行われています。



ただ、それでも被災者には食料やテントが

まったく足りていない状況で、

一般人、企業からの寄付もバカにできません。



そして、その寄付に関しての話題で、

なんとホームレスの男性が、全財産である、

180元(2680円)を全て寄付したと言うのです。



その180元は、過去の労働での収入の残りや

ゴミ拾い、物乞いなどして集めたお金で、

この男性は、



「苦しいことがあれば、四方八方から応援するものだ。

四川の地震被災区のために、すべて差し出したい」



と書かれた紙だけを残して立ち去ったそうです。





私はこれまで、ホームレス生活者の事を

人間としての意義や感覚を失った人達だと、

一方的に思っていました。



しかし、厳しい生活をしている経験があるだけに

被災者の苦悩を誰よりも理解できたのかもしれません。



少なくとも私は、財布の中に入っている全財産を

募金箱に投入することは出来ません。



人間としての意義や感覚を失っているのは、

どっちなんだろうと、少し考えさせられます。







慶晩報は、同市内で行われていた

四川大地震被災者への街頭募金で25日、

7年間に蓄えた金銭180元をすべて寄付したという

ホームレスの男性の話題を紹介しました。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000020-scn-cn

共通テーマ:ニュース | nice!(0) | 編集

nice! 0

無料ブログSEOテンプレート
Copyright © ニュース話題を勝手に時事放談 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。